いい人材をヘッドハンティングするには調査が大切です

何らかの理由で、ある企業が優秀な人材を必要とする際、よく使われる手法が「ヘッドハンティング」です。これに似た手法で、近年インターネットなどで広まっているものに、「スカウト」と呼ばれるシステムがありますが、その内容は少し異なります。

履歴書・職務経歴書の書き方 | 東京ハローワーク

まず、ヘッドハンティングは「特定の『一個人』を狙い定め、言わば指名買いを行う」ことを指しますが、スカウトは「企業が必要とするスキルを持つ人材を、登録されているデータの中から選び出す」方法をとります。つまり、「既に評価されている人物を、自社に勧誘する」ことがヘッドハンティング、「人物は未知数だが、自社に必要とするスキルを持っている人々の中から選ぶ」ことがスカウトです。



この内ヘッドハンティングを行う際は、その対象となる人物に対し、常識の範囲内で可能な限り調査を行うことが大切です。何故なら、ごくまれにではあるものの、「自社に勧誘したが、入社後に周囲と調和が取れず、結局退職した」などという失敗事例が存在するからです。
ヘッドハンティングされる人物は基本的に優秀ですから、プライドが高い性格である可能性もあります。そして、もしもこれが自社の風土と会わなければ、せっかくわざわざ勧誘しても、失敗となるケースが散見されるのです。

新潟大学キャリアセンター:求人関係書類の送付について

このように、優秀な人材を他社から引っ張ってこようとする際は、出来るだけ事前の調査が必要となります。これを行おうとする場合は、いくら必要なことだからと言っても、焦らずにじっくりと対象の人格やバックボーンを見極め、自社との相性を吟味することが大切なのです。