お魚の脂って人間の身体の脂肪にはならないんだって

脂肪は3大栄養素のひとつですから、肥満の原因になるからと言ってまったく摂取しないとかえって健康を損ないます。
他方、脂肪は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸とに分けられます。飽和脂肪酸は、主に動物性脂肪で中性脂肪やコレステロールが増えることで肥満や動脈硬化の原因になりますので、摂り過ぎには注意したいところです。

GCMS 多機能熱分解システム(高分子化合物分析) : 株式会社島津製作所

一方、不飽和脂肪酸は、植物や魚に多く含まれており、悪玉コレステロールを分解したり中性脂肪を減らすことで血液をサラサラにする効果があるのです。そして、この意味から言えば、魚の脂はからだに良いと言えるのです。
さらに言えば、魚の脂は、DHA、EPA、α-リノレン酸というオメガ3不飽和脂肪酸なのです。これらは人間の体内で生成できないので魚の脂から摂取する以外に方法がないのです。また、DHAやEPAはサプリメントとして発売されているくらい、人の健康に大いに資する成分と言えるのです。

プロテイン

他方で、脂と言うとすぐに肥満の原因、肥満の代名詞のようについ考えがちですが、実は肥満の原因となる脂を減らすためには、そのような脂を取り込んで一緒に排出するための脂が必要となるのです。そして、肥満の原因となる脂を取り込んで排出してくれる脂が魚の脂なのです。
アジやサバのような青魚にはオメガ3不飽和脂肪酸が豊富ですから、習慣的に食べればオメガ3不飽和脂肪酸をたくさん身体の中に摂り入れることで肥満の原因となる脂をスムーズに減らしてくれます。

子育てのための「こころ」の三大栄養素|プロサミット::マイベストプロJAPAN

かような効果を考慮すれば、魚の脂は人間の身体の脂肪にならないどころか、肥満の原因になる脂肪を減らす有り難い効果があるのです。